職人の技が凝縮された海外ブランドの結婚指輪 | 憧れ海外ブランドも手作り?結婚指輪Navi

HOME » 憧れの海外手作り指輪 » 職人の技が凝縮された海外ブランドの結婚指輪

職人の技が凝縮された海外ブランドの結婚指輪

海外のブランドが手がけている手作りの結婚指輪には、職人の技が凝縮されています。
職人への道は険しく、誰でも簡単になれるものではありません。
特に海外のブランドで職人として働くには、何年も厳しい修行を重ねる必要があります。

まずは、指輪職人への道のりについてです。
例えばあるヨーロッパの国の場合、職業訓練を受けて職人試験に合格することが絶対条件です。
見習い職人を受け入れてくれる店で働きながら、職業学校に通わなければいけません。
学校で学びながら、実際の現場で経験を積むスタイルです。
しかしどこの店でも見習いを受け入れる余裕はなく、受け入れ先には希望者が殺到している状態にあります。
職人養成学校で勉強して、指輪職人になる手もあります。
しかし養成学校は狭き門となっており、誰でも入学できるほど甘いものではありません。
運良く入学ができたとしても、成績が悪ければ即退学です。

無事に指輪職人になれたとしても、一人前になるにはまだまだ道は遠いです。
何の細工もほどこされていない指輪を手作りするだけでも、何年も修行を重ねる必要があります。
人生の大舞台に用いる結婚指輪を手作りするとなると、何年レベルの修行でできるものではありません。
しかも海外のブランドの名前を語っているのならば、神業の領域に達しなければ手作りは不可能です。
ちなみに日本のブランドで活躍している職人も、超凄腕の実力を持った人は大勢いらっしゃいます。
中には海外のブランドに負けない、素晴らしい手作りの結婚指輪を提供している所もあるほどです。

海外のブランド・日本のブランド、どちらの手作りの結婚指輪が良いのかについては、「個人の好み」としか言いようがありません。
大まかに言えば派手目な手作りの結婚指輪が好みなら海外・控えめデザインの手作りの結婚指輪が好みなら日本ブランドでしょう。
ただ最近は海外ブランドも、日本の顧客に合わせて控えめデザインの手作りの結婚指輪を多く提供しています。