エルメスで繋がれた永遠の愛 | 憧れ海外ブランドも手作り?結婚指輪Navi

HOME » 憧れの海外手作り指輪 » エルメスで繋がれた永遠の愛

エルメスで繋がれた永遠の愛

エルメスと言えば真っ先に思い浮かぶのが、バッグです。
でも実は手作りの結婚指輪も取り扱っており、日本はもちろん世界中にも大変な人気を誇っています。
ではエルメスが手がけている手作りの結婚指輪はどういうものか、探ってみました。

エルメスは1837年、フランスで設立されたブランドです。
ちなみに1837年当時の日本では、11代将軍が就任した年です。
エルメスと言えば、バッグが有名です。
特に女性シンガーの名前が付けられたバッグは人気が高く、エルメスの代名詞と言える存在です。
元は馬具店としてスタートし、バッグを手がけたのは後になってからのことです。
エルメスのマークが馬車になっているのも、創業当時の面影を残しています。
またエルメスのマークには、エルメスの思いも詰め込まれています。
馬車を見てみると、主人の姿がありません。
マークには、エルメスは最高の馬車と従者を用意していますが、馬車と従者を扱うのは主人であるお客様自身であることを伝えています。

エルメスはバッグだけでなく、手作りの結婚指輪も取り扱っています。
エルメスの手作りの結婚指輪を一言で表すのならば、「永遠の愛」です。
例えば英雄の名前が付けられている手作りの結婚指輪の中央には、光り輝くダイヤモンドがあしらわれています。
その姿は英雄の名前にふさわしく、力強さがあります。
英雄の名前が付けられている手作りの結婚指輪には、これから待ち受けている障害を乗り越えるパワーが秘められています。
エルメスは元々馬具店としてスタートしたためか、チェーンがあしらわれている手作りの結婚指輪も魅力的です。
チェーンにより結ばれた夫婦は、永遠に離れることはありません。
一見するとシンプルなデザインではありますが、力強さがあります。

フランスのお国柄なのか、エルメスは2人の愛情が深まることを重視して結婚指輪を手作りしています。
エルメスで結ばれた2人の愛は、永遠に不滅です。
愛があれば、どんな障害も乗り越えられます。