憧れの海外手作り指輪 Archives | 憧れ海外ブランドも手作り?結婚指輪Navi

HOME » 憧れの海外手作り指輪

憧れの海外手作り指輪

結婚指輪にいくらかける?

結婚指輪の予算を決めておこう

これから結婚指輪を選ぶというカップルの皆さんは、まず最初に予算をどれくらいにするか決めてください。

予算をどれくらいにするかで素材や石、ダイヤモンドの大きさ、デザインなどのバリエーションも変わってきますし、ブランドによって価格も違いますからどこのブランドで購入するかの決め手になります。

予算を決めるうえで知っておきたいことに一般的な相場がいくらか?という点があげられますが、現在20代~30代の相場はだいたい20万円~30万円程度だと言われています。

ここをひとつの基準にして選ぶと気に入ったデザインの結婚指輪が見つけられるのではないでしょうか?
≫ 『結婚指輪にいくらかける?』

ブランドの結婚指輪ヴァンクリーフ&アーペル

ヴァンクリーフ&アーペルの結婚指輪

憧れの結婚指輪によくあげられる海外の有名ブランドの一つがヴァンクリーフ&アーペルです。

指輪の品質や高級度が高いのはもちろんのこと、長い歴史を持つブランドですからステータスも十分です。

もちろんこの指輪は専属の職人による手作り品ですから、そのようなすばらしい指輪を探している方にはおすすめのブランドになるでしょう。

≫ 『ブランドの結婚指輪ヴァンクリーフ&アーペル』

結婚指輪のブランドのハリー・ウィンストンとは

憧れの海外ブランドの結婚指輪

結婚指輪は国内でもたくさん作られていますが、日本でも有名な海外ブランドもたくさんあります。

中には憧れを集める超人気ブランドもあり、その1つになるのがハリー・ウィンストンです。

どんな指輪になるのか、ご紹介しましょう。

≫ 『結婚指輪のブランドのハリー・ウィンストンとは』

カルティエは憧れのブランド

カルティエは花嫁の憧れであり続けるブランド

カルティエの結婚指輪に憧れを抱いている人は非常に多いのではないでしょうか?
結婚指輪に限らず、カルティエは世界的なハイブランドとして数々の商品を展開し続けています。

王室や一流セレブ、著名人たちの御用達ブランドでもありますし、自分が結婚するときにはカルティエの指輪が欲しいと前々から決めている人も多いと聞きます。

そんな花嫁の憧れであり続けるカルティエはどんなところに魅力があるのでしょうか?
≫ 『カルティエは憧れのブランド』

海外ブランドの指輪は1つ1つ手作り

憧れの海外ブランドはどうやって結婚指輪を作っているの?

憧れの海外ブランドは、どうやって結婚指輪を作っているのでしょうか。

ブランドのアイテム情報は毎日大量に発信されるものの、作り方については意外と知られていません。

裏側を知るのは、パンドラの箱をこじ開けるようなものです。

そこでパンドラの箱を少しだけ開けて、海外ブランドの結婚指輪がどうやって作られているのか、掘り下げてみましょう。

≫ 『海外ブランドの指輪は1つ1つ手作り』

ブランド結婚指輪の相場

結婚指輪の国内外人気ブランド

結婚指輪といえばダイヤモンドです。

鉱石のなかでも硬いダイヤモンドは、「永遠の愛」や「壊れない絆」に例えられ、結婚指輪で使用される代表的な石です。

このため「ミキモト」「タサキ」「銀座ダイヤモンドシライシ」など、高品質のダイヤモンドを提供する国内ブランドは、結婚指輪で人気です。

またブライダルジュエリー専門店の「アイプリモ」は、150種類以上のデザインを選べ、花嫁の希望に柔軟に対応できる姿勢が人気です。

他にも4℃など、もともと普段使いのアクセサリーが人気のジュエリーブランドは、結婚指輪も人気です。

海外ブランドに目を移すと、「ティファニー」「カルティエ」「ブルガリ」「シャネル」「グッチ」「ルイヴィトン」「ショーメ」など、誰もが一度は聞いたことがあるブランドが人気です。

国内ブランドと同じように「ハリー・ウィンストン」や「エルセルコ」などダイヤモンドにこだわりがあるブランドも人気です。

ブランド結婚指輪の価格相場

≫ 『ブランド結婚指輪の相場』

フランスを代表するブランドのヴァン クリーフ&アーペルの結婚指輪

ヴァン クリーフ&アーペルとは

ヴァン クリーフ&アーペルは、エステル・アーペルとアルフレッド・ヴァン クリーフの結婚から誕生したブランドです。

創業の1906年以来数多くのジュエリーを制作してきたフランスを代表する高級ジュエラーで、現在も創業時からあるヴァンドーム広場の工房で、コツコツと職人たちがジュエリーを制作しています。

厳格な基準と倫理を満たす厳選した石だけを使用して、職人の手により芸術作品とも言えるリングが作られているのです。

「愛」をモチーフにしたヴァン クリーフ&アーペルの結婚指輪は、高い品質と技術により一生使い続けるにふさわしい品質に仕上げています。

また、妖精のように人を魅了するスタイルのコレクションが、恋人たちの高貴な愛を讃えているのです。

ヴァン クリーフ&アーペルの結婚指輪を左手の薬指にはめることを、世界中の花嫁たちが夢見る最高の結婚指輪のブランドの一つと言えます。

一生身につける身近な存在の結婚指輪なので良いものを選びたいというカップルは、一度ヴァン クリーフ&アーペルのお店をのぞいて見ることがおすすめです。

≫ 『フランスを代表するブランドのヴァン クリーフ&アーペルの結婚指輪』

結婚指輪「ハリー・ウィンストン」ブランド

結婚指輪「ハリー・ウィンストン」ブランドの特徴

ハリー・ウィンストンは、セレブ御用達のハイブランドメーカーです。

銀座の一等地に店を構える高級ジュエリーメーカーで、結婚指輪を手掛けるメーカーの中では超一流のブランドだといえます。

結婚指輪のデザインは、シンプルなものから、ゴージャスなフルエタニティリングまで様々あり、リリースされている結婚指輪を全体的に見てみると、どれも煌びやかな雰囲気を身にまとっています。

≫ 『結婚指輪「ハリー・ウィンストン」ブランド』

王室御用達ブランド「カルティエ」の結婚指輪

カルティエのはじまりは

カルティエの歴史は、宝石商のアドルフ・ピカエールの下で学んでいた創設者のルイ・フランソワ・カルティエが、1847年にパリのアトリエを譲り受けたところからはじまります。

当時、独自にルイ・カルティエはフランス・東洋・イスラム古美術などを収集・研究して、明確なラインと対称的な構成を持ったガーランド・スタイルを生み出すのです。

また1900年には、現在では結婚指輪としてスタンダードなプラチナを使用したダイヤモンドジュエリーを、ルイ・カルティエが世界で初めて考案します。

≫ 『王室御用達ブランド「カルティエ」の結婚指輪』

ブライダルリングと言えばティファニー

ブライダルリングのブランド

婚約指輪と結婚指輪はブライダルリングと言って、それぞれプロポーズするときと結婚するときにプレゼントします。

現在結婚に対する意識は少しずつ変化してきており、結婚式を挙げなかったり新婚旅行に行かない夫婦も増えていますが、それでもブライダルリングにだけは特別な思いを持っている人がほとんどです。

これは結婚という特別な出来事を形として残したいという思いが込められているからでしょうし、やはり指輪があることで結婚に対して実感する部分も多いのです。

ブライダルリングを扱うブランドはいくつもあり、海外ブランド・国内ブランドいろいろと選択肢があります。

しかし中でもやはり知名度が高いのはティファニーではないでしょうか?

≫ 『ブライダルリングと言えばティファニー』