憧れの海外手作り指輪 Archives | ページ 2 / 6 | 憧れ海外ブランドも手作り?結婚指輪Navi

HOME » 憧れの海外手作り指輪

憧れの海外手作り指輪

高級ブランドクラスの結婚指輪をあなたに

創業者は夫婦

1895年に結婚した2人。宝石商の娘と宝石職人の息子の夫婦です。宝石で結ばれた2人が、ジュエリーブランドを設立したのは神様による手引だったのかもしれません。ヴァンドーム広場に店を構えてから200年経った今も、営業を続けています。ブランドの名前は「ヴァン クリーフ&アーペル」です。
ブランドではこれまでに、色んなタイプの指輪を発表。1916年には、木材を使った指輪を販売しています。ちなみに現在、木材の指輪販売の確認は取れておりません。木材の指輪はないものの、今も革新的なデザインを取り入れています。
≫ 『高級ブランドクラスの結婚指輪をあなたに』

憧れの海外ブランドは芸術品

憧れの海外ブランド

憧れの海外ブランドが提供している結婚指輪は、プロの職人の手による手作りです。ハリー・ウィンストンの場合は、デザインを描き起こした上で、ダイヤモンドをセッティング。綺麗に磨き上げた後に検査をしてから、店へと出荷されます。
かなり簡単にまとめたものの、1つ1つの工程はかなり濃いです。デザインの描き起こし1つとっても、指輪の細部まで事細かくデザイン。最近はパソコンによるデザインが主流ですが、ハリー・ウィンストンは手描きのデザインです。
≫ 『憧れの海外ブランドは芸術品』

憧れの海外ブランドの結婚指輪

どうやって作られるの?

海外ブランドの結婚指輪は、どうやって生み出されているのでしょうか。指輪本体は表に出ていますが、指輪の作り方についてはトップシークレット扱い状態。しかし一生涯手にするものだからこそ、作り方についてもおさえておきたいものです。
実際のブランドでは結婚指輪はどう扱っているのかについても、取り上げます。
≫ 『憧れの海外ブランドの結婚指輪』

手作りの海外ブランド指輪

海外のブランドでもオーダーメイドが可能

ブランド指輪は日本だけではなく、海外にもたくさんあります。
現在では日本に出店している海外ブランドもたくさんあるのですが、やはり結婚指輪は思い出に残る品物なので、職人が手作りをしたものがよいと希望する人もいるでしょう。

日本のブランドであれば、オーダーメイドを受け付けてくれるところが多いのですが、海外ブランドの場合はどうなのでしょうか。
もちろん海外のブランドであっても、オーダーメイドを受け付けてくれる店はあるので、まずは情報収集をしてみるべきです。

昔はブランド名だけを見て結婚指輪を購入する人が多かったのですが、最近では自分の思い通りの結婚指輪が欲しいと希望する人が増えています。
そのため、オーダーメイドを受け付けてくれるところも多くなっているのです。
≫ 『手作りの海外ブランド指輪』

人気の海外ブランド指輪

結婚指輪にふさわしい海外の人気ブランド

ブランド品は海外にも多数あり、その中には当然指輪もあります。
そんな海外のブランド指輪を結婚指輪として使う人もいるでしょうが、人気ブランドの中にヴァンクリーフ&アーペルという種類も存在しています。

ヴァンクリーフ&アーペルは1906年に誕生した歴史のあるブランドですし、現在ではインターネットで気軽に指輪を購入できる時代になったので、日本でも有名だと言えるでしょう。
実際にヴァンクリーフ&アーペルの指輪を結婚指輪に使っている人もいますし、普段使いや婚約指輪として使う人もいるのです。

デザインも魅力的な物が多く、細くて繊細な作りの指輪もあれば、厚みがあってインパクトの強い指輪もあります。
そのため、男性向けでもありますし、女性向けでもあるので結婚指輪には向いているのだと言えるでしょう。

どのような指輪が販売されているのかも、ヴァンクリーフ&アーペルのホームページを見れば画像がたくさんあるので、購入するときの参考になります。
不明な点や聞いておきたい点は、メールでも質問ができるので、気軽に連絡をしてみるべきでしょう。
≫ 『人気の海外ブランド指輪』

ハリー・ウィンストンの結婚指輪についてご紹介

ハリー・ウィンストンの特徴について

ハリー・ウィンストンは、80年以上の歴史があり、ニューヨークを中心にビバリーヒルズ・パリ・ロンドン・東京・北京・香港・上海などで店舗展開している高級人気ブランドです。
ダイヤモンドは特に品質の良いものが使用されており、ブランドの中でも高級な商品が多々あるのが特徴となります。
≫ 『ハリー・ウィンストンの結婚指輪についてご紹介』

海外ブランドは徹底して手作りなんです!

王室にゆかりのあるブランド

海外ブランドの中には、王室御用達のところもございます。王室と深い関係にあったのが、カルティエでしょう。
フランス皇后は、カルティエにシルバーのティーセットを直々にオーダーしました。皇后が直接ブランドにオーダーを出すのは、滅多にない話です。たちまち国民の間で話題になり、「カルティエ」の名前は一気に広がりました。クラシカルな映画好きなら知らない人はいないモナコ公国妃も、カルティエにお世話になった1人です。婚約指輪にはカルティエが使われ、10.48カラットのダイヤがあしらわれていたそうです。
≫ 『海外ブランドは徹底して手作りなんです!』

安い結婚指輪ブランドを紹介

結婚指輪の平均購入価格は?

世の中のカップルは結婚指輪にどのくらいお金をかけているのでしょうか。
調査の結果によると、結婚指輪の平均購入価格は約24万円ということがわかっています。

結婚式には何かとお金がかかるため、「結婚指輪はできるだけ安く済ませたい」という人も多いのではないでしょうか。
結婚指輪と言えば当然ペアで購入する必要があるため、2つで20万円以下に抑えることができたら、他の部分に予算を回すことができて助かりますよね。

≫ 『安い結婚指輪ブランドを紹介』

憧れのブランドの結婚指輪の相場

憧れのブランドだといくらする?

日本国内でもよく憧れとなっている海外ブランドの結婚指輪。

購入自体は簡単ですが、値段がどれくらいかが問題ですよね。

世界的に有名なブランドも多いことからかなり高級な指輪も多く見つかります。

相場は決して安いとはいえませんが、セレブでないと何一つ購入できないほどではありません。

気になるその相場についてご紹介しましょう。

最低価格は10~20万円ほど

世界的に有名なブランドでもすべてが高級品というわけではなく、お安いアイテムを選べば指輪1つが10~20万円ほどで買えることも多いです。
≫ 『憧れのブランドの結婚指輪の相場』

ヴァンクリーフ&アーペルの結婚指輪

素敵な手作りの結婚指輪が手に入るブランド

素敵な手作りの結婚指輪が手に入る海外ブランドを探しているなら、ヴァンクリーフ&アーペルも要チェックです。

長くいろいろな人から求められてきた老舗の1つで、現在でも高い人気があります。

丁寧に作られた素敵な指輪が手に入りますよ。

ヴァンクリーフ&アーペルについて

憧れのブランドに挙げる方もよくおられますが、初めてこのブランドを知った方もおられますよね。

すでに創業から100年が過ぎているフランスの有名人気ブランドです。

数々のユニークなハイジュエリーを作ってきたことでも人気で、高級品もよく見つかります。

長い歴史の中で数々のジュエリーを生み出してきた腕と経験により、素晴らしい結婚指輪が今も作られているブランドです。

≫ 『ヴァンクリーフ&アーペルの結婚指輪』